2016年1月17日(日)

スキレットでアシ・パルマンティエ

こんにちは。

自分の中でスキレット再ブームの今日この頃。

蓄熱性が高いスキレットだからこそ冬のあったか料理に

とっても活用できるのです。

今回は

ジャガイモの素朴な味がなつかしいフランス家庭料理を

スキレットでアレンジしてみました。

(レシピは最後にまとめてあります!)

IMG_9327
先ず、スキレットでひき肉と野菜を炒めます。
スキレットは
穏やかに加熱できるのでうまみが凝縮されます。今回は
カレー風味のスパイスで味付けました。
IMG_9328
マッシュしたジャガイモの表面をフォーク
などでならします。
ジャガイモが誕生した南米アンデスの荒野を
思わせる模様です。
IMG_9336
グリュイエールチーズをふりかけ
190℃に予熱したオーブンで20分焼き上げます。
スキレットで焼き上げるからこそ時短で
仕上がります。
IMG_9344
ホクホクに熱くて冬のおもてなし料理にもぴったり
やさしくて懐かしいジャガイモ料理です。
「アシ・パルマンティエ」LODGEスキレット6.5インチ 1台分
・牛赤身ひき肉200g
・玉ねぎ 小1個
・ニンニク 1片
・セロリ 1/4本
(葉も細かく刻んで加える)
・人参  1/4本
・ピーマン 1個
・カレー粉 小さじ2
・塩麹   小さじ1
・黒コショウ 適宜
・バター 10g
・ジャガイモ(男爵) 400g
・牛乳 100cc
・バター 30g
・塩コショウ 少々
・ナツメグ 少々
・グリュイエールチーズ 適宜
作り方
1、ピュレを作る。蒸したジャガイモを熱いうちにつぶす。
 (ジャガイモは皮ごと蒸した方がほっくり仕上がる)
分量の牛乳とバターを温めたものを加え、塩コショウナツメグで味を整えて混ぜわせる。
2、スキレットを予熱しバターとみじん切りのニンニクと玉ねぎを炒める。
 香りが立ってきたら牛ひき肉、みじん切りのセロリとピーマン、人参を加えさらに炒め
 塩麹とコショウ、最後にカレー粉を加える。
3、 1のマッシュしたジャガイモのピュレを盛り付けフォークで模様をつけ
  最後にグリエールチーズを散らす。
4、190℃に予熱したオーブンで約20分 こんがり焼き上げてください。
IMG_9338
材料が多いのでむつかしいと思われがちですが
とっても簡単!
ひき肉と香味野菜をスキレットで炒めて
マッシュしたポテトピュレを乗せて焼き上げた
簡単なおもてし料理です。
ぜひお試しください。
ちなみにこのアシパルマンティエは18世紀フランスの
飢饉を救ったジャガイモを世に広めた農学者の
名前から付けられたそうです。
アシはひき肉のこと。
ジャガイモは小麦と比べて低カロリーでビタミンCやカリウムも含まれ
消化も良いのでとってもヘルシーです。
日々のこといろいろ
毎日更新しています。

Category : レシピ  Tags :          

こちらの投稿もどうぞ

珈琲時間 連載スタートしました! 

珈琲時間 2018 春 これまでコーヒーに合うというテーマで様々なレシピ提案させていただいていた 「珈琲時間」で ~おや…

2018年3月29日

スーパーフード「カーリーケールのパワーサラダ丼」

8種の彩り野菜たっぷり! 生命の源といわれるほど栄養価が高いアボカド、緑黄色野菜の中でもトップクラスの栄養価カーリーケール…

2017年7月26日

宮崎産原木乾しいたけとごぼうのバルサミコソテー

関東地方は台風通過中で雨が強まっています。 どうか被害が広がりませんように。 お出かけ予定の皆さまどうか足元お気をつけく…

2016年8月22日

言葉のちから

前 暮らしの手帖編集長  松浦 弥太郎さん が手がけるくらしのきほん を愛読しています。 松浦さんの言葉選びには胸にぐっとさ…

2015年11月10日

OH!美噌の会2019 弥生”味噌サロン” 開催します

保存食つくりは季節を味わう楽しみです。 その季節にしか出合えない豊かな味や香り 麹の手触りを是非 肌で感じてくだ…

2019年2月15日

OH!美噌の会 2019 (メープル味噌大豆レシピあり)

春分から清明にかけて季節が巡る時節... 今季「OH!美噌の会」全ての会が終了しました。 毎…

2019年4月6日

(c) Kaorin Kitchen